気まぐれに更新しますので時々覗いてださい

  

   独り言のぺージ 今日トルコでは・・・

こちらもご覧ください

お客様が教えてくださったサイトです
私はもうこの画像だけで涙がでるのできちんと見られませんでも見ます。でも知っていなければならないことだとおもいます
どうか1頭でも処分されない犬や猫が減りますように。一人でも多くの人が見てくださいますように
こうして書いている間もたくさんの犬や猫がガスで窒息させられているのです。
やらせやお涙頂戴物語ではありません。現実なのです。

動物たちへのレクイエム  http://www1.u-netsurf.ne.jp/~s-kodama/

トルコの犬カンガル犬に興味のある方へ カンガル犬ドゥマンのこと   

       2頭ののストリートドッグ    ターチュンとティルキの物語
2012年
1月10日(火)
大変遅ればせながら、こちらの日記のかわりにブログを始めました
こんなに簡単なのにどうしてもっと早くはじめなかったのか・・・
お時間のございます方はのぞいてみて下さいませ。
今後は日記はブログのみになります。今後ともどうぞよろしくおねがいいたします


http://ameblo.jp/silkandjewel/


1月7日(土)
改めまして新年あけましておめでとうございます
今年も昨年同様どうぞよろしくお願いいたします

2週間ほどサイト、オークションがおろそかになってしまいまして申し訳ございませんでした。
今回娘の滞在するあるアラブの国を経由して日本に行っておりました
今回の2週間の滞在には3つの目的がありました。
ひとつめは、初めての通関を日本側でフォローすること、こちらについては今回の荷物該当するお客さまには大変お待たせしてしまい、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
初めての600キロほどの荷物の通関でお時間がかかってしまいましたし(色々輸入の勉強になりました)また、その後こちら側の勘違いによるミスのため、配送に遅れがあったことをお詫びいたします。おかげさまでお正月までには、なんとか皆様のおてもとに、ヘレケの絨毯をお届けすることができました。

2つめは受験生である娘を滞在するアラブの国から一緒に日本にいき、彼女は塾の寮にはいりましたのでいろいろな身の回りの物をそろえることです。こちらについては、彼女は夏も寮にはいっていたこともあり、嬉々として準備していました。受験勉強も同じような条件で世界中から集まっている子供達と一緒に普段からフェイスブックで連絡をとりながら(やりすぎ)楽しくやっているようです。まあ本人がのぞんでいることで、合否にかかわらず受験勉強は人生において、(自分の経験からも)+のことですので、あまり重要なイベントとしては考えていません。
神様がその子にあった環境を整えて下さるとおもっております。

3つめは昨年DIDOが亡くなってから決意を新たに実はひとつの勉強をしていましたのでそのまずは初級の資格の試験がありまして受けに行ったのです。
DIDOが守ってくれていたのでしょう。無事に合格することができました。
なんの試験かといいますと、ドッグセラピストの資格です。
犬を癒すのではなく、アニマルセラピストの一貫でトレーニングを受けた犬をつかい、
老人ホームや施設などに行ってセラピーの役割をする仕事です。
去年12月24日志村どうぶつ園をご覧になったかたいらっしゃいますか?
あのときにでていた、ゴールデンレトリバーのベイリーちゃんがセラピードッグです。
このベイリーちゃん私が勉強している協会(政府公認)
ところのワンちゃんで、名前は王子くん。会ってきました!ハンサムなゴールデンです!

本当におりこうで、うちの3頭のゴールデンが あほ!に見えました(笑)

トルコでもドッグセラピーを広めるべく地道に頑張って今後も勉強していくつもりです
これからの職業だそうです。
ご興味のある方は、ご連絡下さい。日本で初めての国で認められている協会でたしかな所ですのでご紹介させていただきます。

ということで、ばたばたの2週間でしたが、大変充実しておりました。
こちら側のミスで大晦日は夜10時までパッキングでしたが、お正月は久しぶりに両親、妹
弟とも(私が海外にいることもあり、弟も忙しくとびまわっているので数年に一度しか偶然で会えません)集合することができて、よかったです。娘もお年玉をたんまりもらって大喜びでした。福袋を2つも買っていました!

トルコに戻って昨日ワンズを迎えに行きました。DIDOのことがあったので、うちで働いている
Kさん(私の留守中も家に来てくれていました)が預かり先のタルカンさんに何度も電話して
聞いてくれていました。

レオがストレスからか、円形脱毛症になった(笑)ほかは問題なく皆元気でした。
周りの話しではレオはお坊ちゃんだから仕方ないということでした。
あとは、シャーベットが長年かゆがるので、12月のはじめに英国まで血液を送ってもらってアレルゲンとなる物質を調べてもらっていた結果がでまして、なんと、チキン、ラム、グリーンピース、トマト、ジャガイモがアレルゲンであることがわかりびっくりしているところです。
100項目くらい、葉から、木、菌から食べ物に至るまでなにがPositiveでなにがNegativeか
すべてリストがでます。少し割高ですが(トルコにはそのような検査する場所がないため英国に送るので)愛犬のためには、一番早い治癒方法だとおもいます

いままでしょっちゅう かゆがっていたのが私のいない間にもあずけ先のタルカンさんが
リストにあった食べて良いフードをすでに獣医さんから取り寄せてくれていて、(有能な秘書でもあるKさんが機転を利かせて連絡してくれて)いまは全くかゆがっていません
おもえば、出発まえジャガイモとチキンばかりあげていたので、それがアレルゲンだとは知らず
かわいそうなことをしてしまいました。

みんなハッピーな2012年の始まりです!

それから、年末にカレンダーで寄付して頂いたお代で、ドッグフードを沢山買いましたので
またシェルターに渡します。カレンダーもおかげさまで完売です
皆様本当にありがとうございました!

12月6日(火)
ドッグシェルターに行ってきました。沢山の方から寄付頂いたお金で、とりあえず昨日牛肉4キロ、
チキンの胸肉10枚 山羊ミルク5パック(それしか無かったので)ドッグフードは本日注文したので以前買ってあったフード数袋、持って行きました牛肉と、チキンは昨日12時までかかって電子レンジで、ジャーキーにしたり、ご飯にいれて炊いたりしました。
最初にティルキとターチュンのところに行き今日はお金をはらうだけでばたばたしていたのでうちの子たちにはあわず、イルマ(タルカンさんの所のワンちゃん)だけなでました。コヌシュ!(しゃべろ)っていうと、「ワン!」っていうんですよ。かわいいです。ディドに似ています
 

シェルターは先日から管轄がかわって、市が見ることになったので、職員さんも増えパンなども多く来るようになったそうです。ただ毎日毎日パンだけじゃ悲しいですね。
引き続きカレンダーもよろしくお願いいたします

  1480円(送料込み)

この子はとってもフォトジェニック!
7月のカレンダーのモデルの子だそうです。

  
 もっていったフードをすぐにはこぶおじさんたち

 

 
 これはほんの入り口にいる子達
全部で5000頭以上います

11月9日(水)
調子のり、またまた画像アップです。ポンちゃんです
この子はほんとうに可愛くて赤ちゃんみたいでふわふわでいつも毎日 もう毎時間HUG&KISSでほんとに可愛い子なのです
目と鼻の間が短くてパピーみたいなんですよ!寝ていると天使のようですが、おきているといたづらっ子で
いつもなにか面白いことがないか興味津々です。いっつも機嫌がよくて、しっぽをぶんぶんふっています
一応娘の犬とういうことで、娘もすごくかわいがっています(レオとシャーベットは一応私の犬で、ポンとDIDOちゃんは娘のってことになっています。
まあ私が全部世話していますが・・・笑)
以前書いたかとおもいますが、ポンはほんとにコミカルでいなくなったので探し回っていたらバスタブの中にいたり、口を血だらけにしてはりねずみを
とってきたり(その数15匹以上、うちで育てた赤ちゃんはりねずみノンちゃんは今年の4月公園に逃がしてあげました。)
廊下にあるダスターシュートにゴミを捨てに行った時に気づかずにドアをしめたらしく、そのあとぽんちゃんがいなくて
さがしまわっていたら外にいたりとか(玄関に座っていた) ベランダでからすをつかまえたり、 車にぶちあたって、本人何ともないのに
車がぼこぼこにへこんだり変なことばかりするのです。考えてみたらパピーの時も、他のパピーが皆水を飲んでいるのにひとりで、水の中に入って
あそんでました。水大好きなのです!
本当に可愛い子です。 
顔もすごくDIDOに似ているところがあります。DIDOちゃんポンを残してくれてどうもありがとう!

シャーベットもレオもそれぞれ性格が違って本当に可愛いです。

そうそう、そういえば、先日ある取引先の絨毯屋さんとうちのKさんが電話で話していて 電話の向こうで犬の声がしたので、犬がいるの?ときいたら
ゴールデンを飼い始めたそうで、Kさん、「うちもいるんですよ!すぐに画像を送って下さい」といったそうで(キリム画像ではなく犬の画像というところが笑える)
すぐにその人Dさんに私のメールに画像を送ってきたのです。ですから私もワンズの画像をおくったのです。
翌日(もちろんキリムのことで)またそのDさんと、Kさんが電話で話したときにDさんが、「お宅のいぬは可愛いけど、うちの犬はハンサムなんですよ」とかいったらしいんです
で、いったん電話を切ったKさん、「どうかんがえてもむかつく!!Dさんのゴールデンは顔が長すぎる。絶対にレオよりハンサムなゴールデンなんていない。うむ〜〜
もういちど電話します」といってから本当電話していました。
「すみませんが、おたくのSちゃんもハンサムだって事は認めますけどうちの子達だってハンサムなんですよ。さっきの電話であなたが、お宅の子達はかわいいけど
うちの子だけがハンサムってどういう意味ですか?」とか本当にいってました。向こうも大爆笑だったそうです。
その後色は何色だとか、話し込んでいたのでてっきりキリムのいろのことを話してるとおもったら話題はずっとゴールデン!!
で、その後、電話を切ったKさん、「むむ〜!!またむかつく!!Dさんなんていったか知ってます?うちの子は鼻の幅がせまくて(いみがわからない)こういうゴールデンは
cins( ジンス=血統がただしい。)なんですよねえ。とかいうんですよ!ふん!!!顔が長くせに。うちのレオちゃんが一番ですよ」とかいってました。もちろんKさんも半分笑いながらなんですが、如何にKさんも犬が好きかおわかりでしょう。
Kさんは、ほんと、レオ命でレオがワンワンいえば、「あーなんて素敵な声!マッシャラー。」というし、もう病気状態(笑)です

まあまあ、sちゃんもかわいいから良いじゃないの。といったのですが。ですよね〜!どこが長くたってみじかくたってみんな犬はかわいいですね(*^o^*)
今回ポンの画像で鼻と目がちかいとはそれとは関係ありません。

でもまあどうしてみなくらべたがるのでしょうね。

以前うちにあそびにきた会社時代の友達Kちゃんも(また実は今月シカゴから遊びに来てくれますが) 日本では一等地にお住まいなのですが、(東京タワーの近く)
そのKちゃんも、以前 ヒルズ(六本木)に外人が皆ゴールデン連れてくるけど、レオちゃんが一番ハンサムだったよ。といってくれました。(おせじかも)
でもそのときまだレオは2才だったので、今回はなんというか・・いまは6才、れおっさん、といっています。
またハンサムレオちゃんの画像がとれたら載せますね。

  

11月6日(日)

1週間前に亡くなったうさぎのナナちゃん11才を超えていて人間だったら200才近いといわれました
ガンでもうだめですよといわれても、半年以上元気でがんばりました。
シャーベットがいつもそばにいて、ナナちゃんもシャーベットが大好きでした
シャーベットといると(毛にさわっていると)安心みたいでいつも足をなめてました(シャーベットもなめてあげていました)
シャーは亡くなった次の日の朝、ナナちゃんのことをみて、きゅーん、きゅーんと泣いてました。

いつも行く公園で奥さんのロロの横に埋めてあげました。掘っていたら小さな骨が沢山でてきました土に帰ったんですね。
天国で LOLOちゃんや沢山の子供達 DIDOちゃんと、遊べますように
 

亡くなる10分くらい前です


  
1ヶ月くらい前のナナちゃんとポンちゃん。 ぺろぺろなめています
もうこのころからナナちゃんは足が(ガンが骨まで回って)足がうごかないのでした

10月30日(日)
クルドの地域だから海外からの援助を断っているという事は全く無いです(トルコ人の人もそんなことないと言っています)
ただ、ヴァンの被災地は大変小さなところですし、トルコの支援(大きな国です)だけで足りているので
お断りしたのだと思います。
またもしクルドの地域だからということでしたら、トルコの一般の人でも車ではたどり着くのに危険な東なのでそこに行き着くまでに、
海外の人になにかあってはという配慮だと思います。
トルコの人、政府みな海外からの援助に感謝しています。

ワンコもがんばっているのですよ!以前お話ししたタルカンさんがシェルターで出会って救助犬に育てたくろい犬
キョムルもヴァンに行ったそうです。新聞にもでていました!またゴールデン君たちも頑張っています。怪我をするワンコもいるそうです。

また24時間体制で、がれきに埋もれた人達(生きているひと、亡くなったひと)を見つけている彼ら達、見つけられないと、偏執狂の様になってしまう
ワンちゃん達もいるそうで、かなり精神的にも辛いしごとみたいです。
お疲れ様です!
 
一番手前のがキョムル       この子は救助活動で怪我したそうです


10月8日(土)
昨日は保護犬たち (ティルキ、ターチュン、チョコ)のところに支払いに行ってきたので帰りに同じ方向の
DIDOのお墓とシェルターに行って、作った肉チーズ入ケーキと、フードを配ってきました。
肉入ケーキは、病気や弱っている子たちにあげるといっていました。
配ったそばから近くのケージの子達におじさんが配ってくれていました。

その後、車で奥まで行って、DIDOのお墓の周辺の子達たちに、ケーキをちぎってくばりました。
ケーキは結局当然ながら100個焼けませんでした。
みなおいしそうに食べてくれました。
どんなにつくっても全員に行き渡るわけではないし、もしかしたら、あした死んじゃうかもしれない。
でもぶたれたり、いじめられたり 人間不信になってシェルターに来た子達だから
長く生きられない運命でも、ひとくちでも食べられても今日ケーキ美味しいの。くれた人がいたなあ、人間全員悪くないなあと 一瞬でも思ってくれればいいと思っています。
できれば全部の子をハグしてあげたいです。沢山の子に配るので最初はかわいくて、にこにこして配っているのですが
配っているうちにだんだん悲しくなってきて泣きながら配ります。いくらフードを配っても足りない!自分の無能さに腹が立ちます。

そのたびにKさんが、「泣いちゃダメですよ。ご飯くばってあげるじゃないですか!!」といいます。
前回もKさんに「ここに来てフードを配ったら泣かないこと!約束して下さい!」といったのに、「約束したでしょう。泣かないって!」と
怒られました。そうですね。。 できる限りフードを上げられたらとおもいます。
この子達は縁があって、ここで生きているんだから。ここならぶつひとや、交通事故に遭わないしね。

これから厳しい寒い冬が来ます
保護犬達はもちろん、タルカンさんのところにいるので、屋根があって、ヒーターのあるケージで過ごせますが、シェルターはもちろん屋根無しです。-20度以下になります。 犬は-20度まで耐えられると言いますが、犬種にもよるでしょう。かなり厳しいです。
がんばって乗り越えられますように。!
また美味しいのたくさんつくってくるね!フード買ってくるね!


10月4日(火)
殆どツイッターでつぶやいているので、こちらご無沙汰です(更新しないでつぶやけるので便利なんですよね)

ツイッターが込み入っているのかツイ‐トできないので今日はこちらから
今日10月4日は世界動物愛護デーだったってご存じですか? 
今日うちのワンズの月一度の 内外寄生虫の薬の投与日でホームドクターの獣医の先生が来てくれたのですが(何しろ数が多いもんで!)
あっ今日4日だ10月4日動物愛護デーだからマーケットのドッグフード 半額ですよ!この子達には上げちゃダメだけど(マーケットで売っている
安いフードやペディグリーは体に悪いと言います)シェルターの子達とか、ストリートドッグにはごちろそうだから
上げるんだったらこのチャンス逃さないようにね。といわれたので、
その後早速買いに行きました!半額でした! 
日本では、あまり知られていないですよね!
15キロフード10袋、缶詰30個、(うちのワンズのおやつガムボーンみたいなの10袋)などなどこれだけ買ってもなんと、シュメルバンクヘレケのnormalの1uの
仕入れより安いんです。 (・_・、)ドッグフードが安いのか、ヘレケ絨毯が高いのか?!(笑)
150キロあれば、かなりの数のワンコが満足すると思うのですが・・・なにせシェルターには5000頭いるそうなので、全員にあげるとしたら一人30グラム。
・・・・・・・・・・・おなかいっぱいにならないですね。そう考えると絨毯って贅沢品ですね。
なにはともあれ、せっかく動物愛護デーの恩恵でゲットしたフード
あさってまたDIDOちゃんの所に行きますからシェルターの子達に配ってきますよ!今回肉入ケーキ30個も焼いたんですよ!(フリーザーに冷凍中)

9月4日(日)
今日は母のお誕生日でしたので、事前にお花を贈っておいたので朝起きたら一番に母からのお礼のメールが来ていてハッピーな1日の始まりでした。去年大病をした母なので少しずつ元気になって良かったです。

今週は、2年ほど前から夫の駐在するあるアラブの国に、この9月から(学校の関係で12月まで)滞在して学校に通っている娘が断食後の休暇を利用してパパと遊びに来ました。 (修学旅行で砂漠にいくんですって!)7月 8月は日本で寮に入って塾に行っていたので1ヶ月半ぶりの再会でした。

みんなでDIDOのお墓にいき、またフードを持ってシェルター(お墓はシェルターの中にありますので)のワンちゃんたちにあげました。
休暇中でご飯をもらっていないのでしょうか?いつもより、吠え声がすごく飢えているかんじでした。
すごくやせているこも多くて本当にかわいそうでした。
次はもっと沢山持って行ってあげようとおもいます。多分凶暴でない子はケージに入れられないで、
外に放し飼いです。そのかずもすごいです。ご飯を上げると30頭ぐらい(全部大型犬)よってきます。
はっきりいって、すごい数なので、人間3人位かみ殺すこともできるのに、おとなしいです。

喧嘩しないで食べてとってもおりこうです。DIDOのお墓は二人とも綺麗!と褒めていました。
最初はびっくりしていたパパも、(娘は犬大好きなので全く動じませんでした)おそわないのが分かると
安心してなでていました。でもこんな広い敷地にこれだけの犬が収容されている現実にショックだったようでした。寄付して下さいね(笑)
DIDOはたまにトルコに来て優しくしてくれるパパが大好きだったし、「DIDOが一番お利口だね」といつも褒めていたのできっと喜んでいることでしょう。
娘の事も大好きで、出産も娘のベッドでしたDIDOなので、喜んでますね。よかったね!DIDOちゃん

DIDOちゃんを保護した時も、間に人が入って800ドルほど払ったのですが、そのときも、ちょっと考えていたら、娘が「ママ考えることなんてないでしょ。キリムの為なら1000ドル以上出すくせにどうして、DIDOちゃんのために、800ドルだせないの?」といったのです。わたしはお金が惜しいのではなく、そこの工事現場にいた人のいいなりに払うのをためらっていたのですが、娘(そのときは9才くらいでした)は「こんなときに、交渉している場合じゃないでしょ。そんなことしたらDIDOちゃんとれないよ」みたいなことをいってました。本当にそうですね。だから本当の意味でのDIDOの命の恩人は娘です。

いままであまりつきまとわなかったシャーベットがDIDOのようにパパから離れないので、「絶対DIDO入っているよね」といっていました。そうです。DIDOちゃんは皆のなかにはいっているのかも。

娘はお守りに、DIDOの毛をいれて持って行きました。これでいつも一緒です。

サイトの冒頭にDIDOの画像をおくのは私としては、毎回見るのがまだ辛く、サイトを開く度に涙ですが
頑張って慣れようと思います!

さて、娘ですが12月までパパがお弁当をつくるそうですが、やはり無理がありますね!!
おなかが空いているのはかわいそうなので頑張ってみました!作り出したらとまりませんでした
この1週間、なんと、朝から晩まで10種類ほどのおかずを作ってフリーザーに保存して持たせました。その重さ、30`近く!毎日コックのように料理しました。 

野菜炒めや、青椒肉絲 カレー などは、日本から持ってきたのでパパと共同で自分でできるようなので揚げ物中心に作りました。一人だと、揚げ物は絶対につくりませんからひさしぶりに油をつかいましたよ!
コロッケ、ハンバーグ(照り焼きとケチャップ味両方)、唐揚げ、鶏の照り焼き、肉まん、スパゲティミートソース ひれかつ、など子供の好きな定番ばかりですが。後餃子も作りました。(皮から全部!)
今回杏の種の仁から杏仁豆腐も作ってみました!これはすごく美味しかったです。

毎日夜中までお料理していたのでもう当分料理は良いかな。
娘もわあ!嬉しい!と喜んでました。
一人だと、ワンズ達も食べられるように、油、塩なしのものばかりなので健康にいいかもです。

またなくなったころに今度は遊びに行こうと思っています。昨日妹にメールしたら休暇取って是非行きたいということなので計画中です。

それにしても二人で荷物が100`くらいでしたよ!
7月に私の荷物は90`だったのでそれより多い!びっくりでした。
いそがしかったシェケルバイラムでした。


8月29日(月)
あさってでDIDOが亡くなってから1ヶ月たちます。いまでも1日何度も涙がでますが、
顔晴って(!!)元気になるようにしています。
引き続き沢山のかたからお悔やみ、励ましのお言葉をいただき、本当に心よりお礼申し上げます
ありがとうございます。
同じゴールデンと過ごされていた方、同じように愛犬を最近亡くされた方、悲しくて1年たってもまだ次のワンちゃんを迎える勇気の亡い方、もう悲しいので2度と犬は迎えないという方などなど(ただ番犬として飼っているのでなく、愛情を注いで面倒をみていればそのお気持は本当にわかります!!当然です!)本当にいろいろな方ご自分と愛犬のお話をしてくださり、心の傷口がすこしずつ癒されていくようで
とても感謝しています。改めましてありがとうございます。
カレンダーには泣かなかったは○をつけようとしていたのですが、とうとう8月は全部×でした
 

穏やかで優しくて強かったDIDOちゃん 娘の事も大好きで娘のベッドで出産しました

今日は保護している(現在ティルキ、ターチュンの他に4月からチョコちゃんというストリートドッグも保護しています。5ヶ月のパピーでいかにも雑種というやんちゃな子を保護しました)今月分の代金を払いに言ったついでに、DIDOのお墓参りもしてきました。 保護している3頭ともばりばり元気でした
そこにある犬のシェルターにもでっかい15キロのフードを持って行きましたよ!
なんかこの1ヶ月でワンのお墓が沢山増えていた感じでした。DIDOちゃんのお墓にはまた綺麗なお花を飾ってきました!
   
ちょっとこの顔怖いですが初お目見えのチョコちゃん ターチュン ティルキも元気いっぱいでした!
チョコちゃ来た時(4月)こんな感じ


トルコは8月1日から(まさにDIDOが亡くなった次の日から)今日まで断食月でした。
明日からは断食後の休暇シェケルバイラムに入ります。今日の夜は断食をしていた人は本当にほっとしていることでしょう。お疲れ様です。

私はイスラム教徒ではないので、断食はしませんが、うちで働いてくれているKさんはばっちり断食をしますし、別に彼女に悪いからというわけではないですが、私も断食中はできるだけ質素な物を少なく食べるようにしていました。 赤肉と言われる牛肉、羊肉は全く買わずに(羊肉はわたしは羊年なので共食いのような気がして18年間で3回くらいしか買ったことがありません)1日1食の時もありました。おなかすいても1時間ほど我慢する。骨付きチキン1つと、麦ご飯をワン達とわけてたべる、(娘は塾に行っているのでトルコにいませんでしたのでお料理も殆どつくりませんでしたし)スープは塩もなく、数種類の野菜を煮ただけとか、まるで病院のようなご飯といわれそうですが、おなかがすいたときに食べる、一口のありがたさ、果物を食べられるありがたさ、水コップ1杯のの美味しいこと、身にしみて、わかりました。宗教に関係無くお肉(チキン)をいただく時は、生き物に命をいただき、生かされているということを感じ、
お野菜は、太陽の恵みに、水があることに、今日の糧があることに感謝する機会があるというのは、大変良いことだと思います。断食月のような食生活をしていると、(体も軽くすっきり!です。体中の毒が出る感じ)お肉の塊などのようなハンバーグなど見ただけでうっ と言う感じになりますから不思議です。
これでベジタリアンになれれば良いのですけど、そうなれない自分との葛藤があります。

一番簡単でよく食べていた断食月メニュー炊飯器にお米と麦の上に、骨付きもも肉(皮付き)をただ置いてそのままご飯を炊くと、ヘルシーなチキンライスになりますよ!お好みで中華味や、コンソメなどを入れても美味しいですが、うちはワンともシェアするので味なしで作っていましたが、チキンに含まれている塩分がでるので、薄味にもなれるし、とっても美味しいです。おこのみで、ちょっと前にはやった、「辛そうで辛くないラー油」とかを載せても本当に美味しいです。是非お試し下さい。

あとはミネストローネを沢山つくって(塩なし)でのこってとろとろになったらお米を入れてリゾットにして
いただきました、これも簡単でヘルシー!フードにかけてもワンも喜びます。味をつけたい方は、コンソメか、マギーブイヨンをいれれば美味しいです。 
というわけで手抜きばかりでしたが、

それでも明日から娘とパパがトルコに遊びに来るので久々に、まるで断食をしていた人のようにお肉を沢山買いましたが.(笑)

とにかく、生きると言うこと、食べると言うこと、に考えさせられた1ヶ月でした。断食月はイスラム教徒ではない私にとっても有意義だったと思います。げっぷをするほど沢山食べるということはコーランでも罪になるそうです。聖書は中高大とキリスト教系の学校だったので、(特に中高はばりばりカトリックでしたの)いつも読まされていたこともあり、機会があると今でも読みますが、(案外おもしろい!)いつかコーランも読み比べたいと思っています。

8月25日(木)

23日の日記 顔晴る が顔張るになっておりました。 すみませんでした
8月23日(火)
DIDOちゃんが亡くなってから23日たちました。
8日に日記に書いてから沢山の、本当に沢山のかたにお悔やみ、そして励ましのご連絡を頂きまして、本当に感謝の言葉ではあらわせないくらいです。どうもありがとうございました
不思議とサイトをご覧いただけるかたは、ワンコと過ごされているかた、ゴールデンをお持ちの方が多く、
またワンコがいなくても私の気持ちを分かって下さる方が多く、とても励まされます
ぼーっとしていても涙がでるので、気持ちを紛らすために、仕事をして、本を読んで(3aくらいの厚さの単行本を3冊も読みました)でも、夜になると悲しくなります。
3頭のワンズとテラスで遊んでいて、DIDOちゃんがいないね。と泣いていると3頭とも不思議そうにして涙をなめてくれます。
キッチンでもお料理しているといつも笑いながらそばにきて、「まま。お料理しているの?」としっぽを振っていたDIDOちゃん。
お客様からも笑顔が素敵なDIDOちゃんと言うお声がすごく多かったです。良く笑う子でした。
あらてめて、DIDOは沢山の人に愛されていたのだなあ。と思っています。

ただ、外から来た子なので、もう少し長生きさせてあげたかったけど、きっと神様もDIDOちゃんが良い子なので天国に欲しかったのかなと思っています。
先日古本屋さんで買って読み終わったからと妹がくれた美和明宏さんの本の冒頭に
「めそめそなよなよ、ぐずぐずと泣いている弱っちい女性は乙女とは呼びません。芯が強く、清らかで
控えめでおとなしそうに見えながら、友達がいじめられれば敵に対して敢然と立ち向かう勇気と義侠心のある女性です」とありましたが、あ、DIDOちゃんのことだとおもいました。
私もDIDOちゃんを見習っていつまでもめそめそしてはいけないと思いました。

それに、最近DIDOの役割を娘のシャーベットがしているようで、DIDOが、「シャーベットになかにちょっとはいったわよ!」と言っている様でもあります。
朝公園で遊んでいる時にまるでボディガードのように、じいっと周りを観察していたり、ポンちゃんと
テラスで遊んであげたり、DIDOママの役割を受け継いだようです

お客様のお一人のかたが、頑張ってではなくて、顔張って下さい!とおっしゃってくださいました。
いつも笑顔だったDIDOにまけずに、笑顔で元気をだそうとおもいます
当分辛いと思いますし、これもいま泣きながら書いているので、まだ時間がかかりそうですが、
また落ち着いてきたらDIDOの写真も編集しますので、どうかみてやっていただければ嬉しいです

優しいお言葉を書けて下さった沢山の皆様、本当にどうもありがとうございます


8月8日(月)
長らくご無沙汰してしまいました。
7月は色々家庭の事情があり(娘の夏の塾のことなど)ばたばたしておりました
そして悲しいことがありました
DIDOが亡くなりました。実はアンカラを留守にしていましたので、いつもの場所に預けており(ターチュン、ティルキ、そしてサイトには書いていませんが、4月から保護しているチョコちゃんという犬と同じ所)
7月29日の夕方に迎えに行きましたがそのとき聞いたのはついその朝からDIDOに鼻水がでているので、
抗生物質を飲ませましたと言うことでした。朝までは普通にご飯もたべていたとのこと。普通だったそうです。

家に連れて帰ったところ熱が40度もあったので最初は熱中症だと思いすぐにホームドクターの獣医さんに来てもらい、
抗生物質と熱冷ましとビタミンの注射をしてもらい、2時間おきに熱を測っていましたが、熱が5分ほどさがったものの、ご飯もたべずに寝ているので(その日は呼ぶとしっぽを振ったり振り向いたりしてました)
次の日も様子をみたのですがご飯は食べませんでした。鼻水も出ているので熱中症ではなさそうです。
タルカンベイの言うには上気道炎ではないかということ。

すぐに緊急のような感じとはみれませんでしたし、獣医さんも抗生物質が効いていれば熱は下がるし、熱が下がれば自分でご飯も食べると言っていたのですが、明くる日(30日)も横になっているばかりでご飯を食べませんでした。
すぐに点滴をするより(自分後からでご飯を食べるまで)少し様子を見た方が良いというのでせっかく家に戻ったことだしとういことでゆっくりさせてあげようとそばに居てあげました

夕方また注射してからはちょっと熱がさがったのです。その後テラスで自ら水にはいったので、そのせいもあり、熱は38.5分(犬の平熱)にもどりました。これは良い傾向だとタルカンベイも電話で言ったので、夜中徹夜で1時間おきに熱を測りましたが、熱もさがり、静かにねていたのですごく安心していたのですが翌日の31日の昼までは熱がなかったのですが午後になり、なぜか再び熱があがったのです。とつぜん3時頃から息づかいが荒くなったので、あずけていた先の責任者(タルカンベイ)に連絡したらすぐに獣医さんに連絡して点滴をということでしたので、獣医さんに連れていって点滴をしている間に眠るように息を引き取りました。
点滴している間に少し時間がかかるので、その間にいったん家に帰りレオ達にご飯を上げなくてはいけないので
いったん席を外してまた病院にもどって来たときは、ちょうど2回目にトイレにお庭にはこんでくれたところで
診察室にもどしたら来たらそのまま息がなかったのです。
でも苦しんだ形跡もなく、(点滴の間は少し舌を出してはあはあ言ってましたが)とても穏やかなわらった可愛い顔でした。

前日の夜はとても苦しそうでしたのでその写真は載せませんが、亡くなったときの画像とお墓の写真を見て頂ければと思います。
なぜ!?という感じで本当にあっという間になくなってしまったので、驚き、とてもショックでした
翌日父と母が朝一番で電話を掛けてきましてきっとDIDOちゃんは私の帰るのを待っていたのだろうということでした
とても良い子だったのです。
以前から私のサイトをご覧頂いた方はご存じだと思いますがDIDOは工事現場から私が保護した生粋のゴールデンレトリバーです。2006年にうちに来たときは(その日が3月11日でしたのでお誕生日としました)2才くらいだと推定しましたが、
おそらくもう少し年をとっていたもしれません。
獣医さんが言うにはミニマム10才はあったのではということです。
とにかく賢い子で、おとなしく、でもいざと言う時は強いリーダー格でした。
ポン、シャーベットのママでもあります

本当に予期しないことでしたので、31日亡くなってからずうっとぼーっとして、毎日泣き暮らし、
体から塩分がなくなるのではと思いましたが、3頭の残りの犬たちのためにもしっかりしなくてはと思い、
気を紛らすために、ひたすら本を読み、アップを続けてきました

亡くなる前日の夕方に苦しそうにしていたときに、なにか話そうと声をだしていて、それが「ママ、ごめんね。だめかもしれない。でもどうもありがとう」と言っている様に聞こえたのですが、そんなわけないとおもい、「DIDOちゃん頑張って!すぐに治るよ!頑張ろうね。頑張らなきゃだめだよ!」と言ったのです。

外から来た子なので、小さいころどのように扱われていたか実際の年齢はわかりませんが、うちに来てからは
一つ残らず予防接種もしていましたし、毎年健康診断もしていましたので(気管支炎防止のBordetellaウイルスの注射も6月にしたばかりでした)
また、あずけていた所には初めてではなく今までも何度も(10回以上)あずけていますし他の3頭はぴんぴんしていますからなにか扱いが悪かったということもないですし、タルカンさんも心配して何度も何度も電話をしてきてDIDOの様子を聞いていたので、誰を責めることもできません。

しばらくはもっと早く迎えにいっていればと悔やまれましたが(20日ほどあずけていました)周りの人ももし早く迎えに行ったとしても又別の問題が起こったかもしれないからこれは運命だと言いますのでそれもそうかなと思うことにしました。

私を待っていてくれたDIDOに感謝です。

亡くなってからは(オトプシーも聞かれましたが、不必要にばらばらに切り刻まれるのはいやなのでやめました)
すぐに獣医さんがお墓を聞いてくれて、ある愛護団体がやっているシェルターの奥に墓地があるということで
翌日に言って、お墓を注文しました。それでできたお墓に本日行ってきました。
そのシェルターには犬が300頭以上いるとういことで、そこに寄付をすることがお墓を作る条件ということで、
寄付をしました。下記の画像をご覧下さい。
広い敷地に本当に沢山のいぬがいました。これだけ犬が沢山いれば、DIDOちゃんもさみしくないと思います

立派な大理石の花壇付きのにしてもらいましたので今日土とベゴニアを植えてきました。
偶然ですが毎日のようにいく郵便局の担当のHさんというおじさんのゴールデンも去年の8月になくなったと聞いていたのですが同じお墓ということで、(名前もゴールデン!)今日一緒にお花を植えてあげました。

DIDOが亡くなって思うのは本当にDIDOが皆に愛されていたということです
うちで働いているKさんが電話が鳴るたびに、DIDOのことを説明してくれたのですが皆びっくりしていました。

本当に悲しくて一度でも泣いたらだめなので、いつ立ち直れるだろうとカレンダーにバッテンをつけているのですが、しばらくカレンダーは×だらけになりそうです。

あずけるまではとても元気だったので本当に信じられなくて今でも本当にショック状態なのですが、レオ、ポン、シャーベットの為に頑張って自分の生活を取り戻したいと思います。

この日記も書く勇気がなくて本当にどうしようかと思いましたが、今日お墓が立派に出ていたのを見て
一区切りというか、いつまでも泣いていてはいけないと思いましたし、今まで沢山のかたに愛してもらったDIDOの最後の姿とお墓を見て頂こうと思い、アップいたします。
もちろんこのお墓は動物だけのお墓です。

去年DUMANが亡くなったときはこんなお墓があることを知りませんでしたので、お墓を作ってあげることができませんでしたが、トルコにもこんな立派なお墓があることが分かりました。

とっても悲しいですが動物を育てた以上は亡くなったときも含めて面倒を見るのが所有者の役目の一つ、仕事の一つだと思いますので、今日お墓に行った時にこれも自分のおつとめだとおもいました。
1週間たちましたし、お墓に花を植えてお祈りしたときに、一つくぎれたような気がしました。
また人間と違って犬は自立しないので、親(飼い主)が先に死ぬことは犬にとっては悲劇だと思いますので、
私が先になくなるより、DIDOを看取ってあげたのは良かったと思います。
そう言いつつも、まだ納得できないで、受け入れられない自分がいるのですが。

とりあえずご報告でまた気がしゃんとしたら書きたいと思います。

自分の感情に反して何が何だか分からず無理矢里書いているので乱筆乱文ご理解ください。
今でも本当に悲しくてたまりませんが、シェルターで沢山の犬たちを見て、心が紛れた事も本当です
この中には捨てられた子、虐待された子達が沢山いますので、追いかけていって触ったりするのはやめていて
こちらに来た子だけなでていますが、この間と今日、同じ子達がなでられにきたのでとてもかわいかったです。
12キロのドッグフードを2袋プレゼントしました。
ドッグフードは滅多に手にはいらないので、通常はパンを食べているそうです


まるで眠っているような笑った可愛い顔でした

  
 大理石でお墓を作りました DIDO だいすきだよ。ずうっと忘れないよと刻まれています  お墓はこんな感じ

 
大好きなフードとジャーキーを添えました この動物の墓地はある犬のシェルターの奥にあります

 お墓は奥の右から4番目に彫ってくれました.獣医さんも来てくれました

  
このシェルターには400頭以上の犬が居ます この子は皮膚病で18才だそうです 頑張って生きています
 



当店でチャリティーオークションを行っております
募金の様子はこちらでご確認頂けます
沢山のかたのご賛同どうもありがとうございます
しばらく続けますのでご協力お願いいたします
http://www.silkandjewel.com/charity.html

ツイッター非公開にしておりましたが、色々情報を得られますので公開いたします
お店のお得情報というより(こちらもたまにしますが)震災の情報交換の場にしていただければ嬉しいです。
フォロー大歓迎です。リツイートしていただけますと情報が皆様にもご覧いただけて
すごい情報源になります。是非活用して頂きたいと思います。ツイッターって一つの話題に興味のある人達が
集まるのでなんだか同志というか、こういうときには団結!って感じで涙が出てきます・
ツイッターも書いているように豊富なリアルタイム情報の宝庫だとおもいます
沢山の情報で日本が少しでも早く住みやすくなりますように。

http://twitter.com/silkandjewelcom

mさまがリツイート下さった糸井重里氏のツイッターより
今度の震災で飼い主さんとはぐれたわんこたちだそうです
http://www.city.sendai.jp/shizen/dobutsu/pet/1133.html

いろいろな方に情報を頂き皆様こちらが信用できるとおっしゃいますので
個人でこちらに寄付したいと思います。皆様色々な情報をありがとうございます。
動物好きの方も是非お願いいたします
(震災チャリティーの方で集めたお金は
YAHOOの壁紙購入により今まで同様寄付させていただきます)
http://www.jpc.or.jp/saigai/pc_shien.html

被災しているワンちゃんのホストファミリーが足りないそうです
 http://blog.livedoor.jp/touhoku_inunekokyuen/
この方のブログより・・4月に入ってから福島原発20km圏内の規制が厳しくなり頭に来るぐらい警察に止められ時間を無駄にしてます。犬猫の状況

は更に悪化しており、罪のない犬猫が食べ物がなく寒さに震えたあげく餓死しています。
そんなムゴい姿を、あちこちで見かける様になりました。私たちだけでは限界があります。が、できるとこまで保護します。なので、里親さん一時預かりさん急募。芝雑種、ハスキー雑種、レトリーバー系、ビーグル系が多いです。みんな心を痛めた子たちです

ツイッターより
破産手続き中の宮城県大崎市のペットショップ。繁殖犬百数十匹の里親緊急募集中です。飼えないけど里親探しをしてくれる方でも構いません。そのためのブログ作りましたので協力できそうな方は連絡ください  とのことです
http://fosterparent.sblo.jp/?1302352041